【子どもと勉強】九九の計算が苦手でも大丈夫!?不思議なかけ算の方法を教えます。

不思議な九九かけ算

本日はお越しいただき誠に有難うございます。カッシ母です。

皆さん、小学校の時に習う九九のかけ算、得意でしたか?

私は九九の歌に合わせて暗記した思い出があります。7の段とか苦手だったな~。。笑

今回は不思議な九九のかけ算の方法を皆さんとシェアハッピーしようと思います。

 

パパいわく

カッシ父
九九は五の段まで覚えれば、後は指を使って九の段まで計算できるんだってさ~( ゚∀゚)アハハ

らしいです。。このかけ算の方法はパパがある本で見つけたみたいです。

では早速、そのやり方をお伝えしていきますね。

不思議な九九のかけ算の方法

この方法は両手を使い行います。

5の段までのかけ算を使用して、6の段~9の段までの計算をしていきます。

6×8の場合

まずは左手で6をつくります。

左手

続いて右手で8をつくります。

不思議なかけ算の方法

そして、折れている指の数を10として数えます。

今回は左手が1本と右手が3本で合わせて4本なので40です。

不思議なかけ算の方法

そして、折れていない指の数を掛け算します。

今回は左手が4本で右手が2本なので4×2です。

不思議なかけ算の方法

折れている指で計算した40折れていない指で計算した足し算します。

不思議なかけ算の方法

すると答えは48になります。

6×8=48になりました!!

これ、すごくないですか??

私はパパに教えてもらった時、驚きました!

 

実際に動画を見ながら一緒にやってみよう!!

実際に息子が試した動画です。皆さんも一緒にやってみてください。

実際にこんなやり方をするよりも「九九を丸暗記した方が早い」というのも事実です。

ですが、、

お子様と一緒に勉強するときに「こんな方法もあるんだよ!」って教えてあげるといいのかもしれません。

数字の面白さや不思議に興味を持つきっかけになるかもしれませんね!

 

こちらの日本地図の覚え方の記事もぜひ参考にしていただけるとうれしいです!

日本地図・都道府県は楽しみながら覚える!この方法でばっちり!【小学生】

2016.12.15

最後まで読んでいただき有難うございます。

ではまた~。

スポンサーリンク