ぽーんとはずむシャボン玉を作ってみよう!【用意する材料と手順】

弾むシャボン玉を作ってみよう!

ボールのように手の上でシャボン玉をはずませることができたら?

シャボン玉に触ることができたら?

なかなか割れないシャボン玉が作れたら?

 

シャボン玉液にちょっとした工夫をするだけで割れにくいぽーんとはずむシャボン玉が作れちゃうんです!

しかもあっという間にシャボン玉液が作れてしまうので簡単です!

 

それでは、弾むシャボン玉液の材料・作り方

いってみましょ~!

スポンサーリンク

ぽーんと弾むシャボン玉を作ってみよう!

我が家でこの「ぽーんと弾むシャボン玉を作ってみよう!」を行ったときの動画がこちら!

\ 再生ボタン icon-youtube-play をポチッと!/

カッシ母
ボールのように弾んでいるシャボン玉の様子が見れます!

弾むシャボン玉で用意するものは?

弾むシャボン玉・割れないシャボン玉
  • 食器用洗剤
  • ヒアルロン酸入りの化粧水
  • 手袋(毛糸の手袋やアクリルの手袋でも!)
用意するものは、スーパー100円均一ショップなどで手軽にそろえられるものばかり!

ヒアルロン酸入りというのが割れないシャボン玉を作るポイント。

ヒアルロン酸入りの化粧水は100円ショップのものでオッケー!

弾むシャボン玉液の作り方

ヒアルロン酸化粧水に食器用洗剤を数滴、入れるだけ!

ヒアルロン酸入りの化粧水がシャボン玉液を作る時の水の代わりになるというわけです。

  1. 容器に作りたい分だけヒアルロン酸入りの化粧水を入れます。
  2. そこに食器用洗剤を数滴入れます。
カッシ母
作り方は簡単♪

手袋をして、シャボン玉をはずませてみてください。

弾むシャボン玉

ボールのように手の上で弾むシャボン玉。

弾むシャボン玉

手袋の起毛が衝撃を和らげ、シャボン玉が割れにくくなって、はずませることができるんです!

カッシ母
シャボン玉を何回弾ませることができるかな?

なぜ?シャボン玉は割れにくくなったのか?

ヒアルロン酸の保湿効果がポイント!

ヒアルロン酸は、水分を留める役割を担っています。

保水力の高いので、蒸発しにくくなりシャボン玉が割れにくくなるというわけです。

そして、もうひとつのポイントが手袋

手袋の起毛が衝撃を和らげ、シャボン玉が割れにくくなるんですね!

 

カッシ母
この弾むシャボン玉、子どもたちはもちろんのこと、大人の私も夢中になりました(笑)
簡単なので失敗もすることも少なく、おすすめの実験です。

お家でできる楽しい・面白い実験でしたー!

「割れにくいシャボン玉液」買えちゃいます。

材料を揃えたり、作るのが面倒だわ~という方はこちらをどーぞ!

 

スポンサーリンク